200年住宅O様邸【漆喰工事】

いよいよ来週2/21.22に完成見学会を行う杉戸町のO様邸

ようやく、外部の漆喰が塗られました。
今回塗るのはオーストリア製の100%無機物の漆喰です。

日本の漆喰は粉状で、つなぎとなるスサやワラ、
つのまた(のり)等を練って塗ります。

一方、このオーストリアの漆喰は製造の段階で
ペースト状で出来上がります。

a0078344_13351519.jpg

a0078344_1342571.jpg

ちなみに、オーストリアではこんな風に古いお城等にも塗られていて
今でも風合いを残しつつその外観が保たれています。


200年住宅にふさわしく、長くメンテナンスしていける素材だと思います。

それでは、現場での施工の一部を御紹介しますね。
a0078344_13445821.jpg

↑まずペースト状の漆喰をミキサーで練っています。

a0078344_13455347.jpg

↑漆喰の営業Eさんと、左官屋さんのMさん塗り方の打ち合わせ中です。

a0078344_13472390.jpg

↑コテを使ってキレイに塗っていきます。さすが職人さんですね。

出来上がりが楽しみです。

a0078344_1356327.jpg

今回の写真は今週のお休みに行ってきた伊豆のシャボテン公園です。
うすざわ☆


人気ブログランキングに参加中。(^^)。
御協力おねがいします!
↓ ここをクリックお願いします!


人気blogRanking




重量木骨で造る「人と環境にやさしい家」
OrganicStudioのホームページはこちらから!(^^)v


みのりの杜の家 オーガニック・スタジオ

[PR]
by sanyo_f | 2009-02-14 14:01 | OrganicLibrary | Comments(0)