体験フォレスト・バウビオロギー研修に参加して

一昨日、代表の三牧とベストバランス研究会主催の『体験フォレスト・バウビオロギー研修』に参加してきました。

「バウビオロギー」とは直訳すると【建築生物学】となります。
ドイツ発祥の、健康や環境に配慮した、人間味あふれた、「巣」としての住まいづくりを目指した学問です。

そして、「フォレスト・バウビオロギー」とは、人にとって最高の環境は森林であるとしています。
森林浴は安らぎや安息を与え、エネルギーを補給し、ストレスや疲れを癒すことで、NK(ナチュラルキラー)細胞の活性化や生命力の向上に効果があると、科学的な証明によって裏付けられています。
このような森林浴を近年、【森林セラピー】と呼んでいます。

では、この「フォレスト・バウビオロギー」をどのように住宅に繋げていくか。

森林は木によって構成されており、住宅もまた、木によって構成されています。
森林浴の効果は製材された後にも持続するものだと考えのもと(ヒノキのお風呂を思い浮かべてみて下さい)、調湿・呼吸を行える自然素材によって、木が持つ自然のリズムを妨げないようにすることで、住宅に森林セラピーの効果を持ち込もうというものです。
a0078344_18523769.jpg

一通り講義を聴き、実際に森の中で体感しに外に出ます。

a0078344_1853699.jpg

新宿から1時間弱でこのような空間が広がります。
a0078344_18532337.jpg

地面に寝そべり、五感を研ぎ澄ませています。
※寝ているわけではありません。
a0078344_18534998.jpg

汗だくになりながら1時間半ほどの散策が終わりました。
木の葉の色の違い、木や花、水辺の匂い、鳥のさえずり、風の感触を味わい、随分と自然を楽しみ、リラックスできたように思えました。

さて、ここからは講義をして頂いた、落合俊也さん設計の『月舞台』に移動し、見学&懇親会です。
a0078344_18595210.jpg

傾斜地を逆手に取り、半分地面に埋まる様な形態をしています。
地中は四季を問わず、一定の温度に保たれており、この熱を利用する計画です。
a0078344_18542193.jpg

a0078344_18545198.jpg

a0078344_1855880.jpg

a0078344_18553442.jpg

随所に設計の妙が仕込まれており、勉強になりました。
お酒も入り、様々なお話しを聞けて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
落合俊也さん、南雄三さん、ベストバランス研究会の皆さん、参加させて頂き、ありがとうございました。

・。・いざわ
[PR]