二十四節季『啓蟄』

昨日一昨日と暖かくなりましたね。
ようやくもほころび始めました。
今日は昨日ほど暖かくはありませんが、
散歩していても今までほどの寒さはないです。
は近づいてきていますね056.gif

さて、 『二十四節季』 で今頃は
『啓蟄(けいちつ)』 となります。

啓蟄の「啓」は「ひらく」という意味で、
蟄」は「虫たちが地中で冬眠する」という意味だそうです。

暖かさに誘われて、虫たちが冬眠から覚める季節になります。
おとといはまさにそんな暖かさでしたね。

空を見上げるといままでの冬の空から、
ぼんやり水色の春の空に様変わりしていました。
a0078344_10564152.jpg

眺めていると、なんだかぼんやりと穏やかな気持ちになり…眠くなります(笑)

虫と一緒で
人間も家から出て行きたくなる
そんな季節が もうそこまで来ているようですね。

最近は日によって寒暖差がありますので
体調にはくれぐれもお気を付けてお過ごしくださいね。

もりさちこ


各節季を3つに分け名前を付けたものが 『七十二候』
今回は、
・蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
・桃始笑(ももはじめてさく)
・菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

「さく」が「笑」という表現がピンクの桃の花にぴったりですね。
なんだか笑顔になりますね058.gif
[PR]
by sanyo_f | 2012-03-08 11:10 | 森 幸子日記 | Comments(0)